「ついに魔王降臨!!」

完全無欠の無裁量手法
勝率表示機能内蔵で偽りなしの勝率!
アラート&カウントダウンタイマー完備!!
高勝率に驚愕せよ!!




BTS(BinaryOption Trade Sysem)を使用することで、SATAN2、SATAN2 Lightのエントリーを自動で行えるようになります。
お仕事で忙しい方や、投資の時間が取れない主婦の方など、チャートを見る時間がない方でも
SATAN2を使ったリアルトレードが自動で出来ます!
勝ち逃げ設定や、損失を最小限に抑えるストップロス機能もございます。


※BTS(BinaryOption Trade Sysem)は
Windows7、Windows8.1、Windows10のみに対応しています。
それ以外のOSは動作保証・サポートの対象外ですのでご注意ください。



BTSはハイローオーストラリアの自動売買のみ対応しております。
口座開設がお済でない方は先に口座開設をお願い致します。

【新規口座開設】



【BTSの特徴】

タイムラグは約0.1秒
MT4でシグナル発生からBTSでエントリーを実行するまでのタイムラグを極限まで少なくし最速0.1秒を実現。
他社の製品はマーチン執行に3~9秒かかるものが多い中、BTSはタイムラグを気にすることなくマーチンエントリーが実行されます。

複数通貨の同時エントリー対応でポイントを逃さない
ハイローオーストラリアのサイトで通貨ペア切り替え時に本来発生してしまうタイムラグを、
BTSでは複数の通貨ペアを個別で表示し、複数のエントリーオーダーを同時に実行できるように対応しました。



デモトレードが利用可能
SATAN2のエントリーテストや、データを集計したい場合など、
デモトレードを利用することで色んな実験が可能です。
SATAN2の設定確認にも利用できますので、とても便利です。

MT4のようなインターフェースと操作感
MT4とデザインを同じにすることにより、初めてお使いになる方でも直感的に操作をできるようにデザインしました。
また、他社製品では自動売買中のPC操作はできないものがほとんどですが、
BTSは完全に独立稼働するので平衡して作業が可能です。

カスタマイズ性の高い設定項目
「資金管理設定」を行うことによりリスク管理ができます。
例)資金の5%が減ったら自動取引中止、資金の10%が増えたら自動取引中止等。
また「稼働時間設定」を行うことで特定の時間帯だけ取引することができます。
その他にも約定拒否時に自動的に再エントリーを繰り返す「リトライエントリー機能」等の多くの機能が充実しています。



【BTSのインストール】

購入時、ダウンロードされたファイルにBTSフォルダがあります。
その中に

setup.msi
VC_redist.86.exe


というファイルがあります。


まずはVC_redist.86.exeをダブルクリックします。


同意するにチェックを入れインストールをクリック




インストールが完了したらPCを再起動します。


次にBTSフォルダの中のsetup.exeをダブルクリックします。


[次へ]のボタンをクリックします。


インストール先のフォルダは変更せずに、「次へ」をクリックします。


[次へ]のボタンをクリックします。


以下のような表示が出たら[はい]のボタンをクリックします。


インストールが開始されます




これでインストールは完了しました。
デスクトップのBTSのアイコンをダブルクリックして起動してください。




【インストール時のエラーについて】


上記のエラーはsetup.msiを多重で開いていると起こるエラーです。
setup.msiは1つのみ起動してください。

BTSを起動した際に

このような警告が表示された場合は
取引には特に支障ないのでOKボタンをクリックしてください。
何度も表示されるようでしたらPCを再起動してください。



【BTSの設定について】

BTSを起動すると、設定画面が表示されます。


※設定画面を閉じてしまっても、BTS上部のツール→設定より表示できます。


【ユーザー認証】

認証ボタンをクリックしてください。



画像の①→②→③の順に入力&クリックしてください。

①ハイローオーストラリアのIDとパスワードを入力します。

②入力情報を保存をクリックします。

③ログインボタンをクリックします。



【エントリー設定】

ログインが完了したら、エントリー設定をします。



・固定掛金…決まった金額を毎回エントリーします。

・変動掛金…口座残高の〇%をエントリーします。(複利運用)

・マーチン切り替え…マーチンエントリーを何回するか、倍率を何倍でエントリーするかの設定です。

例)固定掛金1000円、マーチン切り替え2回、2.1倍の設定の場合
初回エントリー1000円
マーチン1回目2100円
マーチン2回目4410円
最低でもトータル7510円の資金が必要となります。

マーチン切り替え設定の回数は、必ずSATAN2で設定しているマーチン回数と同じにしてください!
同じにしないとBTSで設定したマーチン回数が優先してエントリーされます。


・リトライエントリー…約定拒否時に自動的に再エントリーを繰り返します。
その秒数を決定します。
マーチンエントリー時の秒数も設定可能です。

・購入タイムアウト…エントリーが遅れた場合、MT4上の結果とリアルトレード結果が異なる場合があります。
そのような場合の対策として、購入タイムアウト設定ができます。
設定秒数を超えるとエントリーしません。
00秒が基準となります。
SATAN2では設定する必要はございません。


【マーチンゲール計算表】



数値をダブルクリックし、入力してお使いいただけます。


【稼働時間設定】



曜日毎にBTSの稼働と停止が選択できます。
1時間毎に設定可能です。

SATAN2の曜日別1時間毎の集計表示と見比べて設定していただくとよいと思います。

※注意点

BTSとSATAN2では曜日の定義が異なります。
BTSでは0:00~23:59までを1日(1つの曜日)としております。
(夏時間冬時間問わず)
SATAN2では夏時間であれば、6:00~5:59までが1日(1つの曜日)となります。
(冬時間の場合、7:00~6:59で1日となります。)

つまりSATAN2では、夏時間の場合
月曜日→月曜日の午前6:00~火曜日の午前5:59まで
火曜日→火曜日の午前6:00~水曜日の午前5:59まで
水曜日→水曜日の午前6:00~木曜日の午前5:59まで
木曜日→木曜日の午前6:00~金曜日の午前5:59まで
金曜日→金曜日の午前6:00~土曜日の午前5:59まで
土曜日、日曜日は除外しています。

ですので、BTSの稼働時間設定をお使いになる場合は注意してください。
BTSの稼働時間設定は使用せずに、SATAN2の設定より稼働時間を調整することをおすすめ致します。


【資金管理設定】



・開始口座残高…現在の残高となります。

・営業日毎に更新 [翌朝8時]…営業日の朝8時に口座残高を再取得します。
取得ボタンをクリックすればすぐに取得できます。

・勝ち逃げ…勝った割合または金額に応じてBTSのストップ設定が可能です。

割合→口座残高が設定した割合に達すると勝ち逃げ(BTSがストップ)します。
金額→利益が設定した金額に達すると勝ち逃げ(BTSがストップ)します。

※注意点

勝ち逃げ設定の例
例)金額で2000円の勝ち逃げ設定にしたとします。
最初に1000円の損失が出たとします。
その後3勝して2550円の利益。

この段階ではストップしません。
トータル利益が1550円だからです。
あくまでトータルでの利益が2000円を超えないとストップしません。
割合で設定した場合も同じです。


・ストップロス…大きく負けないよう負けた割合または金額に応じてBTSのストップ設定が可能です。

割合→口座残高が設定した割合に達するとBTSがストップします。
金額→利益が設定した金額に達するとBTSがストップします。

※注意点

ストップロス設定の例
例)金額で2000円のストップロス設定にしたとします。
最初に850円の利益が出たとします。
その後2敗して2000円の損失。

この段階ではストップしません。
トータル損失が1150円だからです。
あくまでトータルでの損失が2000円を超えないとストップしません。
割合で設定した場合も同じです。


【復元設定】



BTSを起動した際に設定を復元します。
チェックを入れておくようお願い致します。


【連続設定&判定タイミング】



・連続設定…SATAN2では使用しない機能なので、スルーしてください。

・判定タイミング…こちらも気にする必要はございません。



【PCのインターネット時刻の同期】

カウントダウンタイマーや、BTSでのエントリーを正しくするため
PCの時間をインターネットの時間に合わせます。

1.コントロールパネルに移動します。

コントロール パネルを開く

Windows 10 の場合
タスク バーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力して、[コントロール パネル] を選びます。

Windows 8.1 または Windows RT 8.1 の場合
画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします (マウスを使っている場合は、
画面の右上隅をポイントしてマウス ポインターを下へ移動し、[検索] をクリックします)。
検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、[コントロール パネル] をタップまたはクリックします。

Windows 7 の場合
[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。


2.「時計、言語および地域」をクリックします




3.「日付と時刻」を検索します




4.「時間と日付を設定する」をクリックします




5.「インターネット時刻」タブをクリックします




6.「設定を変更...」をクリックします




これで設定は完了しました。コントロールパネルを閉じてください。
この設定をすることでカウントダウンタイマーやBTSでのエントリーの誤差がなくなったと思います。



【BTSの時刻の同期】

BTSでも時刻の同期を行います。
BTSを起動し、上部のツール→時刻の同期をクリックします。




このような警告が出たら、「はい」をクリックしてください。



上の画像のような文字が表示され、自動的に同期し、終了します。
これでBTSの時刻の同期は完了です。



【BTS連動設定】

BTS連動設定はこちらを御覧ください



ページトップボタン

【SATAN2販売担当】 松本 真吾
[メール アドレス] deamonspear@yahoo.co.jp